息の臭いと健康に関して

バランスの良い食生活や適度な運動はもちろんのこと、体の健康や美を目的として、目当ての栄養を補うために複数のサプリメントを使用する事が常識になっています。

亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に欠かせない特別な酵素や、細胞や組織などの活動に関係している酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する要素として大切なミネラルの一つなのです。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、四肢がしびれたり脚の著しいむくみなどがよく訴えられ、症状が進行すると、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全を連れてくることがあるそうです。

アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を低下させたり突然変異をもたらす有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓のパワーを強化するような役目が確認されています。

「肝機能の悪化」は、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3つの値によって確認できますが、ここ最近では肝機能が充分ではない人が明らかに増加していると言われています。

もう歯の表面を保護している骨を減らすほど深刻になってしまった歯周病は、原則症状そのものが安定したとしても、失った骨が元の量に復活するようなことは無いということを頭に入れておいてください。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な治療法では大体「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス手術」の2種類の手術が高い頻度で実施されています。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を持っている精液や血液のほか、女性の腟分泌液、母乳などの体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜等に接触することにより、感染するリスクが出てくるのです。

鍼灸のハリを体に刺す、という物体的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスと呼ばれている要は電気信号の伝達を引き起こすという見方が浸透しています。

体脂肪の量(somatic fat volume)に変化が見られず、体重だけが食物摂取や排尿などによって一時的に増減するケースでは、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が高くなるのです。

いんきんたむしは比較的若い男性に多く、ほぼ股間の辺りだけに拡大し、軽く運動したり、入浴した後など全身が温まった時に猛烈な痒みがあります。

男性だけにある前立腺という生殖器はその活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン)が密接に関連していて、前立腺のガンも同じく、アンドロゲン(雄性ホルモン)に影響されて大きくなってしまうのです。

現在、若年層で結核菌の力を保持していない人々の割合が高くなったことや、受診が遅れることによる集団・院内感染(アウトブレイク)が増えているようです。

季節病ともいわれる花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉が素因となって、クシャミ・皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を示す病気であることは言うまでもありません。

下腹の激しい痛みをよく起こす疾患には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気等が挙がるようです。

美容と口臭は関係があるのか?

美容外科医による施術をおこなったことに対し、人には言えないという感覚を抱く患者も割と多いため、施術を受けた人のプライド及び個人情報を冒涜しないような工夫が特に必要だ。

唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、皮膚のたるみは加速的にひどくなっていきます。

ニコニコと唇の両端を持ち上げた笑顔を作れば、たるみの予防にもなるし、人に与える印象も美しいと思います。

睡眠時間が不足すると人の肌にどのようなダメージをもたらしてしまうのでしょうか?その答えは肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れです。

皮膚の入れ替わる速さが遅くなります。

アトピー原因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎の内一種、または2つ以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる素因、など。

ダイエットに効果的ということで名を馳せたデトックスとは、身体の中に澱のように蓄積された様々な毒を体外に出すという新しい概念の健康法で誰にでも行える代替医療に分けられている。

「detoxification(取り除く)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

化粧の悪いところ:泣くとまさしく修羅のような怖い顔になってしまう。

微妙に多くなっただけなのに下品になったりみすみす地雷を踏むことになる。

顔立ちをごまかすのにも限界をかんじるという点。

多くの人が「デトックス」にのめりこんでしまう最大の理由は、私達が生活している環境の汚さだ。

空気や土壌は汚され、穀類や野菜などの食物には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷりかかっているとまことしやかに囁かれているのだから無理もない。

健やかな身体にも起こるむくみだが、これは浮腫んで当然。

女の人は、ふくらはぎの浮腫を防ぎたがるが、人であれば、下半身が浮腫むということは自然な状態である。

健康的な皮ふのターンオーバーは4週間のサイクルになっていて、1日毎に新しい肌細胞が生まれ、日々刻々と剥落しています。

こうした「毎日の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態をキープしています。

患者さんはそれぞれ一人一人肌の質は違いますし、先天的な要素による乾燥肌なのか、もしくは後天的な要素によるドライ肌なのかに応じて治療方針が大きく異なってきますので、意外と注意が必要なのです。

思春期ではないのに出来る難治性の“大人ニキビ”の患者がじわじわと増加している。

もう10年間もこうした大人ニキビに苦しまされている女性が皮膚科の門をたたいている。

身体中に存在するリンパ管に並ぶようにして運ばれている血の流動が鈍化してしまうと、必要な栄養や酸素が隅々まで届きにくくなり、結果的には脂肪を多く溜めさせる大きな因子のひとつになります。

そういう状況でほとんどの医者がまず使用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体である。

外用抗菌薬と一緒に使えば6ヶ月くらいで完治に至るケースが多いと考えられている。

全身に張り巡らされているリンパ管と並行して流れる血の流れが鈍くなってしまうと、必要な栄養や酸素が届きにくくなり、結果として脂肪を溜めさせる元凶になるのです。

肌の美白指向には、90年代の初めから徐々に女子高校生などに支持されたガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの警鐘ともとれる思いがある。